スタンスのメリットデメリット

こんにちは!たけぞーです!

前回バインのアングル角度、前足21度、後ろ足0度と紹介させてもらいました。

・メリット

とにかくメインで滑る時に進行方向を向きやすい!

上記の写真のように、前足が21度前を向いている分、身体が前に開いてくれます。これにより無理に正面を見るというより、自然に見ることができます。僕の場合個人的な話ですが、正面を身体全体で向きたいとも思ってました。笑

・デメリット

スイッチが滑りにくくなります!

0度にしたことでスイッチの時、身体がかなり閉じられます。後ろ足は-21度になってしまうのでさらに身体が閉じてしまいます。進行方向を意識的に見にいかないといけません。

僕はフリーランをしている時は、ほとんどスイッチをやりません。パークになったらたまーにスイッチをするぐらいです。でもパークのスイッチアプローチで身体を正面に向けて滑ることはしないので、0度でも出来ると判断してます!

・まとめ

このスタンスはメインスタンスに特化してると言えます!普段からスイッチをほとんどやらない方には是非オススメさせてください!笑 メインの滑りやすさは明らかです!

次回はスタンス幅やセットバックについてお話させてもらいます。良かったら覗いてみてください!